「月替わりの献立」Sep.2019

皆様こんにちは、いつもありがとうございます。
猛暑は過ぎたとはいえ、季節はずれの台風が来たり、地震があったり各地で秋雨前線の猛威による甚大な被害が出たりと、穏やかに秋を迎えることができそうにない晩夏です。

とはいうものの、確実に月は変わります。

さて、今月の

「9月の季節のおそばと御飯」1,350円

  • 鳥と松茸の蕎麦
  • 菊花御飯
  • 麩の白和え

です。
色目も一遍に秋色になりました。

○鳥と松茸の蕎麦

秋口の大定番となりました。薄切りに乗せた”スダチ”が酸味と香りを追加する
名脇役です。鶏肉の脂の甘さと、松茸の香りでこの一杯で早くも”土瓶蒸し”が恋しくなりますよ。

○菊花御飯

重陽の節句をイメージした混ぜ御飯です。今年は二色の菊花で提供します。

○麩の白和え

京都でも屈指の有名店の乾燥麩を使った白和えです。一口含みますと、その麩がひと味違うと直ぐ分かる口当たりの良さと口解けの妙で、麩の概念が変わるかもです。共に和えてあるキノコやパプリカを途中、他の野菜と交替させたりと美味しい秋のおかずにしていきたいと思います。

以上です。

唯々、松茸がひと月、安定供給出来ることを望みます。夜になりますと、秋の虫の声を聴くことが出来ますがまだまだ残暑厳しそうです。熱中症に気を抜くこと無く、お身体ご自愛なさってひと月宜しくお願い致しますm(_ _)m

「月替わりの献立」Aug.2019

月替り献立

皆様こんにちは、何時もありがとうございます。

7月も終わり、暑い暑い盛夏8月になりました。
尋常な気温ではありませんので、くれぐれもこまめな水分補給と文明の利器を駆使して、お身体ご留意下さい。

ほうずき

さて、月替わりの献立も変わります。 やはり今月も、見た目涼しく冷蕎麦にしました。

 

「8月の季節のおそばと御飯」1,350円

月替り献立

  • 煮豚入り冷蕎麦
  • トウモロコシご飯
  • 茄子の揚げ浸し

です。

○煮豚入り冷蕎麦

いわば豚角煮入りのぶっかけ蕎麦です。豚ばら肉を”かえし”と”麺汁”で角煮に仕上げました。歯触りに浅瓜と木耳をあしらいました。夏の事ですので月の途中で、ゴーヤも登場するかもです。何口目からか、添えた調味酢を回し掛けていただくとちょっと中華風になって食べ飽きしない様に召し上がっていただけます。

○トウモロコシご飯

これも夏の定番となりました。生のトウモロコシを蒸してから焦げ目を付け 一粒づつに外して出汁で炊いてあります。甘くて芳ばしくて噛むとジュッと出汁が出てくる黄色いご飯です。

○糸南京と蒸し鶏の冷製仕立て

おかずも冷たくしての提供です。今月もガラスの器で、見た目涼しくの演出です。 底から、梅の出汁ジュレ、キュウリのナムル、糸南京の酢漬けの三層からなり、その上に蒸し鶏が乗せてあります。ちょっとスパイスを効かせた、ネギ油の調味ダレを掛けました。 一層でも混ぜても美味しく仕上がっています!

以上です。
この暑さでは、今月も冷たい物のご注文が多いと思います。

毎年書きますが、三回に一回はお腹の為にも温かい種物もご所望下さい。 先述しましたが、くれぐれも熱中症に注意してお出掛け下さい。
今月も最後まで宜しくお願い致しますm(_ _)m

★8月は夏休みがございます。日程は追って記ますのでお読み下さい。

「夏季限定、鱧(ハモ)丼始めました!」

皆様こんにちは、何時もありがとうございます。
今季はなかなか雨の少ない梅雨のような気がしますし例年と比べますと、ずいぶんと朝晩の気温も過ごしやすいです。
先が思いやられそうですが(^-^;)

祇園祭ちまき

それでもちゃんと、蝉は鳴き始めましたし、祇園祭の鉾建ても日程をむかえました。
当、北山の方は、さほどお祭り気分ではないのですが、しっかりと京都の夏を感じております。

という訳で今年も今日から始めます!

鱧丼(はも)
「鱧(ハモ)丼」1860円 (小)930円

です。
京都では、祇園祭の魚とされているほど時期を重んじた献立です。
鱧は梅雨の雨水を飲んで美味しくなり、夏を乗り切るための滋養の食べ物なのです。

照り焼きに焼き上げた鱧を再び蒸し上げてお出しします。
糸に切った錦糸玉子の座布団の上に乗せて、自慢の丼出汁を掛けてあります。
薬味は茗荷(みょうが)と大葉がサッパリ感をお手伝いします。
蒸し立てアツアツをどうぞ!
一応、8月イッパイの提供を予定しております。

数に限りがございますが、他のメニュー同様ご贔屓お願いしますm(_ _)m

「エメラルドグリーンの粋なヤツに替えました!」キリン ハートランド

キリンハートランド

生ビールが美味しい季節となりました!
今年はちょっと遅くなりましたが、生ビールの銘柄「キリン一番搾り」から

キリンハートランド

「キリンハートランド」

に変更しました。

ちょっと軽い飲み口が、汗を引かす糸口になりそうなピルスナービールです。
暑い期間中の提供にしようと思っています。
女性の方にも優しい、飲み口の薄いちょっとオシャレなピルスナーグラスでどうぞ!
なぜエメラルドグリーンかといいますと、瓶ビールの瓶の色が、エンボス加工が施された綺麗な緑色なんですよ。

毎年、バカ店主の好みに付き合わせてしもてエライすんませんm(_ _)m
別に、生ビールが美味しい季節がやって来た!なんて全然思てません!
いつ何時でも美味しいなと思てよばれてます(笑)
キリンビールさんの片棒担ぐ訳やないんですけど、結構上手に営業しはるんで
ついつい…ね。

でも、くれぐれもお車でお越しの際は厳禁です!
もしもの事があったら顔がエメラルドグリーンになるだけでは済みませんもんね。
自他共に肝に銘じましょう!(^_^)ゞ

美味しいお通しも用意してお待ちします!m(_ _)m

「月替わりの献立」July.2019

皆様こんにちは、何時もありがとうございます。
時候のあいさつもままならない程の入梅の遅い京都です。

なんでも、61年振りの記録更新とやらで紫陽花もビックリな雨の少ない6月でした。これではカタツムリも角も槍も目玉も出せませんね。

祇園祭まで影響が及ばなければいいんですけど。
そうは云いましても7月になりました!
季節の献立も替わります。

「7月の季節のおそばと御飯」1,350円

  • 夏の食材の冷蕎麦
  • 枝豆飯
  • 茄子の揚げ浸し

です。

○夏の食材の冷蕎麦

かなり大ざっぱに書きましたが、基本、お祭りらしく”鱧おとし”の乗った冷たい蕎麦の提供にしようと思っています。
食材の入荷のない日もあるかもしれませんのでこの仕様にしました。
アオサ、生姜、アカモクを混ぜ込んだ刺身コンニャクと茗荷の甘酢漬けが脇を固めます。
いつもは梅肉ですが、今年は鱧の天は見た目涼しく山葵にしました。

○枝豆飯

定番の夏の混ぜご飯となりました。湯がきたての枝豆を甘皮まで剥いて、出汁に漬けてあります。
芳ばしい夏の香りと涼しげな緑色が食欲をそそります。
家庭でも直ぐに出来ますよ!

○茄子の揚げ浸し

今年は揚げてみました。色んな調理法が楽しめる食材ですので重宝します。
こちらも揚げたてを調味麺出汁に漬け込みます。冷めてから冷蔵庫で一晩掛けてキンキンに。
甘辛い味をガブッといって下さい。天の白髪ネギがさっぱり感を演出です。
カロリーが気になりますが、くれぐれも油切りは丁寧に行ってますので御安心ください。

以上です。
またしても暑い季節がやってきます。
充分過ぎるほどの水分補給と体調管理をなさって下さい。
お出掛けはくれぐれもご注意下さい。
当店も何年か振りの大入りで、夏の来店数記録更新といきたいものです!

今月も最後までどうぞ宜しくお願い致しますm(_ _)m